腰痛とヘルニアと脊柱菅狭窄症、腰痛の原因

ひとことで「腰痛」といっても様々な原因があります
どんな原因が思いつくでしょうか

 

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など……
足がしびれて歩けなくなったり、最悪手術も視野に入れて……

 

しかしその割合は意外と低いことが分かっています

 

全腰痛のうち

 

椎間板ヘルニア 4~5%
脊柱菅狭窄症 4~5%
圧迫骨折 4%
脊椎炎、ガン 1%

大動脈炎、尿路結石等
その他内臓疾患

1%以下

非特異的腰痛

85%

 

 

グラフにしてみるとこのようになります↓↓

 

%e8%85%b0%e7%97%9b-%e5%8e%9f%e5%9b%a0-%e5%8a%a0%e5%8f%a4%e5%b7%9d

 

こういったコワイ病気の可能性は全体の15%しかありません

以前「腰痛」という記事で投稿したレッドフラッグ(赤旗)があればこの15%を考慮する必要がある=一度病院で見てもらって下さい、ということになります

 

 

 

では、8割以上を占める「非特異的腰痛」とは何でしょうか?

 

 

 

非特異的、つまり、原因がはっきりしない腰痛、といわれています
原因がはっきりしないだけで、上述のようなコワイ病気ではありませんのでご安心ください

また、ヘルニアや脊柱菅狭窄症があっても無症状の方も大勢います

そう考えると、腰痛で歩けなくなったり、手術が必要になるパターンは非常に少ない事がわかります

 

気になる方はまずはお気軽にお電話を

☏ 079-422-8766