アクティベーター 全身調整

 

アクティベーター

 

体は脳や神経のはたらきによりコントロールされています
神経系のバランスを整え、全身のバランスを整えます

体 脳・神経 コントロール

 

 

くび ボキボキ

アクティベーターとはカイロプラクティックの一種です(Activator Methods Chiropractic Technique:AMCT)

専用の道具を使い、ボキボキせず矯正します

アクティベーター器

 

アクティベーター器を別の治療法に用いたり、アクティベーターの類似品を使う先生もいらっしゃいます。はり灸ガルボでは、基本的にアクティベーター療法にアクティベーター器を使った治療法を行います

 

大きさをわかりやすくするため手近なものと比較↓

500mlのペットボトルと同程度の大きさ

アクティベーター器の大きさはペットボトル(525ml)と比較してもこの程度です

カラダに触れる先端部分はペットボトルのキャップの半分くらいの大きさです

カラダに当たる先端のゴムチップ
本体内部のバネの力でパチンっという振動をカラダに伝えます

非常に軽い刺激で全身を整えることが出来ます

 

 

アクティベーターの日本支部で絵本の解説があるのでリンク

アクティベーターとは_絵本で解説

子供向けですが分かりやすいです

 

 

 

矯正といっても骨自体が動くわけではありません
神経系のバランスを整えるのがアクティベーターです

骨の位置は筋肉や靭帯に引っ張られて、決まってきます
筋肉は神経系により緊張が制御され姿勢を保つ事ができます

 

最低限の力で最大限に作用するよう設計された専用の道具を用います

ボキボキ矯正を450ニュートンの力で不安定な振動数、アクティベータ器Ⅳを150ニュートンの力で30~50ヘルツの振動数とした時、両者で人体への影響力に違いはありませんでした

 

専用のベッドを使います

ベッドにのるとき、横からですと体が動いてしまい、正確にみることができませんので
ベッドの後ろから登っていただき、四つんばいの体勢からうつ伏せになります

 

アクティベーターのベッド

患者さんと施術者がいっしょに変化をチェックしながら施術できます

ベッドの頭上方向にカメラを設置し、モニターをベッドの下に置いてあります
アクティベーターでは独特の足の見方で変化を感じながら施術していきます
アクティベーターでの変化を患者さん自身に感じていただきながら施術を受けていただけます

JpegAMI公認ANJアクティベーター療法認定証

 

 

有名なアスリートも体のケアにアクティベーターメソッドを受けています
海外では一般的なテクニックですが、日本ではまだまだ知名度がありません
日本全国のアクティベーター認定者